この番組について 大事なパートナーであるペットとのハッピーライフをペットセレモニーアドバイザーのアケサワが応援するインターネットラジオ番組。ペットの健康に関する情報はもちろん、一緒に暮らしていく上でのお役立ち情報も満載。

2016年06月09日

Dog indexさんのセミナーに!

こんにちは!デルファイス&OPPOのアケサワです!!

突然ですが…
出張専門ドッグトレーニングDog indeさんの特別講座に
講師として参加させていただくことになりました!!

Dog indexさんはイヌの感情の機微を感じ
イヌという動物について学びながらトレーニングを行う
プロドッグトレーナーの団体です。
今回そんな素敵なトレーナーさんたちとご縁をいただいて
特別講座の講師を務めさせていただくことに!!

内容は…
パートナーと暮らす全ての方々が避けて通れない
「パートナーとの別れ」についてです。
できることなら考えたくない。
この子との別れなんて想像できない。
ちょっと考えただけで胸が…
けれども時間は止められず誰しもが経験する別れ。
それをどう迎えどう乗り越えるかについてお話させていただきます。

◆日時 9月4日(日) 10:00-11:30位
◆場所 調布市市民プラザ あくろす国領 3F 「研修室1」  
    京王線国領駅 徒歩30秒  
◆料金 2000円(Dog index)  他 3000円
◆講師 デルファイス ペットセレモニーアドバイザー 明澤 潔 様
◆内容 ・ペットセレモニーアドバイザー活動内容
    ・後悔しないために何ができるか
    ・ペットロスから立ち直るには
    ・新たな旅たち
◆持物 筆記用具

私自身が経験したことを含めお話させていただこうと思っております。
ぜひ奮ってご参加くださいませ!!


お申し込みは↓↓↓

ペットセレモニーアドバイザーによる特別講座決定!byDog index








posted by カワグツマンPODCAST at 20:43| Comment(0) | ceremony | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

アルバム

こんにちは!デルファイス&OPPOのアケサワです!!

またまた無沙汰の更新になってしまいましたが…
取り敢えず!生存はしております(笑)
そんな生存の証明をした本日はこんなモノをご紹介!


CYMERA_20150629_213649.jpg
いま巷で流行っている(?)スクラップブック!
好きな写真や何かを切り貼りしてデコレーションしたりするアレ!!
…どれ?って感じですが今回はアルバム的な使用をご紹介です。


中はと言うと!
CYMERA_20150629_213717.jpg
こんな感じです。
日付順に切り抜いた写真とその時の状況などをペタペタ。。。
何処其処に行ったよーとか何があったよーなどなど!
その時の想いなども一緒に残しております。

これを作成しようと思ったのが今年に入ってから。
以前から亡き坊ちゃんの写真の少なさに遣る瀬無く思っていてコピンはそんな想いをしないように山ほど写真を撮ろう(思い出を作ろう)と思っていました。
なので携帯の写真のホルダーはほとんどコピン!
時間のあるときなどに見返すんですが…
年のせいか「あれコレどんな状況だったっけ?」となることも。
出来ることなら共に過ごす時間を1秒も逃さず覚えていたい!
けれどそれは知能的に無理なので忘れないようにするためには…
ということでこのアルバムにたどり着いたのです!!

とても曖昧な理由で作成を始めたこのアルバム。
作っていくうちに「これは本当に宝物だ」と思いました!
いつか私たちよりも寿命の短い彼らを見送る時にきっと強い支えになってくれると思うのです。
これを開くのが辛い時もあるかもしれません。
後悔の念に駆られることもあるかもしれません。
けれどこれは証明なのです。
共に幸せで楽しい時間を過ごしたという。
多くの時間を費やし彼らを見てきたという。
それを改めて私たちに示してくれる存在になるのです。

ぜひ時間を作って宝物作成してみませんか?
スペシャルなことばかりでなくても構わないと思うのです。
日常の一コマや彼らの大好きなところをカタチある思い出に!


DSC_0649.jpg
こんな写真も!





posted by カワグツマンPODCAST at 22:11| Comment(0) | ceremony | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

密度も大切。

こんにちは!デルファイス&OPPOのアケサワです!!

本日はお店を少し抜け出し「パートナー孝行」をしてきました。
先週からずっとバタバタしていて明日もお留守番ということで相変わらず思い立ったら…の勢いで遠足散歩に行って来ました。


お相手はいつもの彼女!
CYMERA_20150613_173006.jpg
車のエアコンは彼女の為にあります。


行き先は先日も行った関宿城址だったんですが足を伸ばして!
CYMERA_20150613_173212.jpg
対岸までぷらぷらぷらぷら。


暑さに強いコピンもこの表情です!
CYMERA_20150613_173034.jpg
蒸してたけど風は気持ちよかったね。


途中には大きなコブシの木があったり…
CYMERA_20150613_173241.jpg


遊歩道が設備されたりしていました!
CYMERA_20150613_173124.jpg
小さく見えるのが城址博物館です。

ありがたい事にコピンとはほぼ24時間一緒にいられます。
良く職場でも一緒にいられて羨ましいとも言われます。
本当にその通りですし幸せなことだと思っています。
けれどその24時間ずっとずっとコピンを意識しているわけではないんですよね。
時には仕事をして時には考え事をして…。
きっと外でお仕事をされている方よりは一緒にいられる時間は長いけれど意識をしている時間はそんなに変わらないのではと思うのです。

だから意識を向けられる時間は100%コピンに費やします。
大げさに言えば1日5分しか意識が向けられないとしたら…
その5分は100%コピンと向き合う時間したいと思っています。
パートナーたちと過ごす時間の長短は日々の生活において変えることは難しいかもしれません。
けれど頑張って作った時間の密度はどうでしょうか?
5分でも10分でも密度の高い時間を過ごす。
それも大切な時間でいつの日か掛け替えのない思い出になるのではないかと思うのです。

もちろんお互いにリラックスして過ごす時間も掛け替えのない思い出となると思います。
けれど限られた時間の中で密度を調節してみるのも良いのではないでしょうか?







posted by カワグツマンPODCAST at 20:53| Comment(0) | ceremony | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

尽きぬ想いと後悔

こんにちは!デルファイス&OPPOのアケサワです。

日々パートナーたちと生活する上で決めていることがあります。
「出来るだけ後悔の少ないように…」

言葉を話さない彼らとの生活は日々選択の嵐です。
彼らと生活するか否かの選択から始まり
ご飯をどうしようか?寝床はどうしようか?躾はどうしようか?
散歩のコースは?獣医さんは?健康チェックは?

言葉を介さずとも躯を駆使して意思表示をしてくれることもあります。
けれど複雑な選択を迫られている時に彼らの想いを汲むことは
本当にとても難しいと思っています。
健康を考えるとこっちのご飯が良いけれど本当はどう思ってるの?
お散歩はこっちのコースの方が安全だけどどっちに行きたい?
いつもと様子が違うけれど調子が悪い?獣医さん行く?

もちろん共に生活をする上で私たちに合わせてもらうことも必要です。
どうしても彼らの要求に応えられないことも
応えてはいけないこともあります。
それすらも選択のひとつになるわけですが。

日々の些細な選択は生活に紛れてしまい重大な事柄が起こるまで
その選択の重大さや結果が見えないことがあります。
大きな事故に合ったり重篤な病を患ったり
虹の橋のたもとに見送らねばならなかったりと。

その瞬間にそれまでの選択の結果に対して様々な想いが
湧き出すように押し寄せてくるのです。
あの時にこうしていれば良かった。
この時にああしておけばもっと違った結果になったかもしれない。
どうしてその時にそうしてしまったのだろう。
本当に尽きぬ想いと後悔が押し寄せて来ます。

その想いと後悔は最悪の場合…
この子と出会わなかれば良かった。
この子は私と出会わなければもっと幸せだったかもしれない。
私と一緒にいたばっかりに。
私のせいで…と。
彼らが大好きだったあなた自身を責める結果になってしまうのです。

けれど私たちを沢山の喜びと心からの愛で包んでくれた彼らが
そんなことを本当に喜ぶでしょうか。
確かに尽きぬ想いも後悔もゼロにすることは出来ませんし
重大な事柄を笑顔で遣り過ごすことも出来ません。
涙は溢れるし胸は引き裂けるほど痛むでしょう。

私も実際に経験しました。
その時には生きている意味さえ分からなくなるほどでした。
何日も何日も泣き暮らしました。
どうしてもっと早くどうしてあの時にどうしてどうしてどうして…
その繰り返しでした。
けれど色んな人に支えられ気づいたのです。
「あーこんな私のこと彼は心配してるだろうな」と。

だから今その時の想いと後悔を糧に彼らと過ごしています。
少しの異変を見落とさないように。
彼らの想いを少しでも多く汲み取れるように。
少しでも一緒にいて愛情を示し楽しめるように。
見送る彼らに心配をかけないように…

確かに後悔をすることもあるかと思います。
けれど精一杯に彼らを思ってした選択を彼らが責めることはないと
私は強く信じています。
彼らは私たちの心を映す鏡です。
私たちが彼らのためにと本当に信じ行ったことは
きっと彼らも信じてくれているはずです。
そのくらい彼らは懐の深い尊い存在なのですから。
ですからどうかあまり自身を責めないで下さい。

出来るだけ後悔を減らすために精一杯愛情を注ぎ
彼らと日々を楽しく過ごして行きましょう。



























posted by カワグツマンPODCAST at 22:39| Comment(0) | ceremony | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

尽きぬ想い

こんにちは!デルファイス&OPPOのアケサワです!!

春先の寒波が日本列島を急襲した先日。
幼少の頃とても可愛がってくれた叔母とお別れをしてきました。
大人になってすっかり無沙汰をして5年ほど会っておらず
何かを患ったなどと話がなかったので突然の知らせに
一瞬耳を疑うほどの衝撃でした。

背が高くスタイルが良い優しい叔母が大好きでした。
ちょっと鼻に掛かった声を聞くと何だか安心したものです。
でもそんな叔母に再会したのはもう横たわり冷たくなった姿でした。
従姉妹や叔父も本当に疲れきっており私が覚えていた彼らの姿からは想像も出来ないくらい小さくて…

大切な存在を見送るというのは本当に辛いですよね。
それは人間でも動物でも。
「見送る」ということが目の前になく大切な存在が健在でいてくれる間にはその辛さなんて微塵も考えません。
けれどいざその状況になってみると…
その辛さと尽きぬ想いが溢れ出ます。
健在なうちに「ああしとけば良かった。こうしとけば良かった。もっと…もっと…もっと…」と。

その辛さや尽きぬ想いを終わらせるのはとても大変です。
それが物言わぬ存在ならば尚更…。
何故ならば思い出の中に明確な言葉という「メッセージ」がないからだと私は思っています。
言葉を扱う私たち人間からすると言葉を扱わない存在からのメッセージは見つけることがとても難しいです。
さもすれば見落としてしまうことも多々あります。
酷い場合は悪い方へすら考えてしまうことも。
そうなってしまったら見送られる方も穏やかでないですよね。

「生命」という決められた時間がある限り見送ったり見送られたりすることからは逃れられません。
もちろんその辛さや尽きぬ想いからも…。
でもその想いに囚われてばかりいるのは悲しいですよね。
その想いに囚われない為にもいつか必ず見送らなければいけないという事実を認知するためにも「出来ること」をしませんか?
毎朝10分早く起きればできることもあるかもしれません。
そしてその時間がその時には辛くても後々自身の支えになるかもです。

今回の叔母の見送りが改めて気づかせてくれた気がします。
本当にありがとうおばちゃん。


名称未設定.jpg









posted by カワグツマンPODCAST at 22:31| Comment(0) | ceremony | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。