この番組について 大事なパートナーであるペットとのハッピーライフをペットセレモニーアドバイザーのアケサワが応援するインターネットラジオ番組。ペットの健康に関する情報はもちろん、一緒に暮らしていく上でのお役立ち情報も満載。

2015年07月13日

犬用キングココナッツエクストラバージンオイル

こんにちは!デルファイス&OPPOのアケサワです!!

本日は「犬用キングココナッツエクストラバージンオイル」本品についてのお話です。
思わず秘話からブログにしてしまうという順番があべこべな状況になってしまいましたが!
そのくらいに良い品だということでご容赦ください!!

このキングココナッツ何がキングかといいますとまずは見た目。
通常のココナッツが緑色なのに対しキングココナッツはキングという名にふさわしい黄金色だそうです。
中にあるココナッツウォーターも通常のものに比べて栄養価が段違いに豊富なんだそう。
ということはそのキングココナッツを絞って抽出したエクストラバージンオイルも通常のものに比べて栄養価が豊富ってことですよね!

そしてエクストラバージンオイルということは一切添加物などを加えず一番最初に搾り出したオイルのこと。
要は栄養がもっとも豊富で安全な一番搾りってことです!
しかもこのオイルは低温圧搾なので素材の栄養を壊していません。
だからなのか香りが苦手なアケサワにも大丈夫なんですね!!
因みに二番搾り三番搾りとも味比べをしましたが二番は癖のあるあの苦手な香りがキツく三番はあっさりとしているが物足りない感じでした。
粒子の細かさも違うのか肌への浸透も一番が一番!

そうなると実際効果はどうなの!?と気になるところだと思います。
対人間への効果は多くのメディアが取り上げている様にアルツハイマー予防や消化器やアンチエイジングやダイエットに免疫力アップに抗菌・殺菌等などへのサポート力が凄いと出ているようです。
何だかこれを見ているだけでも「もしやこれは万能薬!?」ってなりそうじゃないですか?
キングココナッツはスリランカで栽培されているのですがアケサワが勝手に思うところ地元の民間療法の万能薬なのではないかと!!
日本での「しょうが」みたいな。

では「犬」にはどうなのか!?となりますと。
海外の獣医さん曰く人と同じように犬にも有用と発表しています。
ただ!!気をつけて頂きたいのは「過ぎたるは及ばがるが如し」ではないですがオイルはとても高カロリーだということ。
健康に良いからと言って上げ過ぎは禁物です!!
100gで900Kcal超えしちゃいますから。

今後の為に毎日少しずつ予防をしてパートナーたちが本来持っている健康を保とうとする機能をサポートしてあげましょう。
お陰様でコピンは絶賛黒ヒカリ中です!!

詳細に関してはコチラのページでもご紹介しております。
ペットの保育園&ホテル オススメitems


CYMERA_20150707_114233.jpg





posted by カワグツマンPODCAST at 21:15| Comment(0) | ホリスティックケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

犬用ココナッツオイル誕生秘話(?)

こんにちは!デルファイス&OPPOのアケサワです!!

本日は「わんライ」のエンディングでお話した…
ココナッツオイルのご紹介です!!
「わんライ」でも話していたように実はアケサワ!
ココナッツの香りが大の苦手です。。。
けれどその効果を耳にする度に興味津津津津津津。
しかしココナッツの香りは大大大の苦手…
でも健康には良さそうだし興味も…のループへ。

なので悩んだ挙句に友人と出かけた際に試食をしてみました。
口に含んだ瞬間に強烈なココナッツの香りが!しかも油!!
無理やり喉の奥に押し込みほうほうの体でその場を後に。
それからは健康に良いけれど自分には無理と思っていたのです。
当然自分に無理なものはコピンにもあげられない…
様々な商品で活躍している健康に良さそうなココナッツは断念せざるおえない状況でした。
しかし!執念の結果でしょうか素晴らしいご縁を頂いたのです!

色々下調べをしてあったココナッツオイル。
正規の成分表も頂戴していました。
もちろん人にも犬にも様々な効果があることも知っていました。
あとは実際に紹介頂いたココナッツオイルを体験してみるだけ…
しかしあまりにも衝撃的な初体験を経ていたアケサワは実は正直半信半疑で打ち合わせに望んだのです。
「結局は…」と。

でも違った!違ったんですよ!!
打ち合わせをしていた席には小さいテーブルがひとつ。
そのテーブルいっぱいに様々なオイルのサンプルが並びました。
周囲を憚らないココナッツの強烈な香りが充満するなか手渡されたオイルは本当に違ったんです!!
「…あれ?嫌じゃない」
手渡されたオイルは薄らと白濁していて鼻を近づけると高級焼き菓子の様な上品で仄かに甘い香りが…
一瞬強烈な香りに包まれたせいで本気で鼻がバカになったのかと思ったのですが!
このオイルだけは違ったんです。

「肌に塗ってみて」というお言葉に素直に腕に塗ってみました。
…吸い込まれてる!!
ここ最近てんで潤いが足りないアケサワの肌に本当にあっという間に吸い込まれたんです!
仄かな香りと潤いを残して。
後に伺うとこのオイルは粒子が細かいから直ぐに浸透するんだそう!
(因みに他のオイルはずっとテッカテカしてました)

以降打ち合わせ中はどうやって犬用で展開するか?
そればかりを考えていました。
まだ浸透しているとは言い切れないココナッツオイル。
犬用での効果や使用法などの資料もそう多くはありません。

でも良いものだから皆に活用して欲しい!
展開するための準備をしながらまずは自分で実験をと思い申請やらなんやらしながら日々摂取し続けました。
そうしたら人生未だかつてない驚きが!!!
実はアケサワ幼少期に生命の危機に陥りそうなくらいの腸閉塞を二度ほど経験しています。
その時はどうにか生還したのですがそれ以降「お通じ」の悪さが際立つ状態でした。
三日四日は当たり前だし一週間も気にしない。
そんな生活だったのですがオイルを取り始めたら腸驚き!
毎日爽快開通なのです!!こんなの人生初めて!

そんな効果が出始めたのでコピンにも少しだけお裾分け。
最近「艶っつやしてるね!」とよく言われるようになりました!
香りも良いせいか瓶をあけると飛んでくるように。
今後は更なる効果も期待できそうですし!
こりゃ早く皆さんに紹介できるようにせにゃ!!と自分に発破をかけたどり着きました。
本当に素晴らしい愛おしい品です。
多くの方に活用頂ければと思っておりますのでどうぞよろしくお願い致します!!


CYMERA_20150707_114233.jpg











posted by カワグツマンPODCAST at 21:24| Comment(0) | ホリスティックケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

アナフィラキシーショック

こんにちは!デルファイス&OPPOのアケサワです!!

予防注射が増えるこの時期ちょっと心配な
アナフィラキシーショックについて今日は調べてみたいと思います!!
アナフィラキシーアナフィラキシーと言いますが!
実際アナフィラキシーってなに?という方も多いと思います。
アケサワもざっくりとアレルギー反応的な…とは知ってたのですが具体的なことについてはまだまだでしたので勉強です!

まずアナフィラキシーショックというのはアレルギー反応の一種で薬物や食物などに含まれる抗原が身体に入ることにより起こるそうです。
ワクチンなどに使用されている薬物は本来動物の体にはないものが入っています。
身体に影響の少ないとても弱いもしくは死滅したウイルスを体内に取り込み身体の自然治癒力を活用して実際にウイルスに感染した時に対抗できるよう…
簡単に言うと予行練習をしているワケです!!

ただ回を重ねる毎に身体の対抗が激しくなることがあるそうです。
『誰だお前!何しに来たんだ!!』が
『また来やがったなー!!二度とうちの敷居またぐな!』になり
『ブチ切れた!絶対に許さないぞ!とっちめてやるっ!!!』になるのです。
このブチ切れ状態になるのがアナフィラキシーショックなんですね。
しかも2回目に出ないからといって一生出ないわけでもないのです!

そして身体中がブチ切れるととっても大変です!!
早い場合は数分で興奮し始め嘔吐や脱糞・放尿・呼吸困難・痙攣・昏睡になって最悪の場合は死に至るそうです。
30分以上経って反応が出る場合は酷い痒みを伴った湿疹が出てひどい場合は皮膚がボコボコになるとのこと。
よく目の周りなどがぷっくり腫れ上がったりすることが多いようです。
どちらにしてもパートナーに相当なストレスになるのは決定ですね!

ワクチンに重点をおいて説明したアナフィラキシーショックですが!
冒頭でも申したように食物でも反応します。
食事後はもちろん予防接種などをした後はいつも以上にパートナーの体調に気をつけてあげてください!!
…予防接種は獣医さんの診察開始直後に行った方がいいかも。
だって診察時間ギリギリに行ってショック状態になった場合に「獣医さん閉まってる」では本当に大変ですから!!






posted by カワグツマンPODCAST at 21:36| Comment(0) | ホリスティックケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

犬と猫と玉ねぎと。

こんにちは!デルファイス&OPPOのアケサワです!!

本日は知っている様であんまり知らない「玉ねぎ」について。
<犬に玉ねぎは禁物>って皆さん聞いたことありますよね?
半ば都市伝説の様にダメだぞーと言われています。
アケサワは「玉ねぎがお腹の中で発酵してガスが大量に発生して風船みたいになって死んじゃうんだよ!」と親に言われてきました。
…正に都市伝説ですよね。。。
そこで何がどうしてダメなのか?調べてみました!!

玉ねぎを始め長ネギやニラにはアリルプロピルジスルファイドやN−プロピルスルフィドという成分が含まれ。
それにより赤血球が破壊されて急性の貧血などを起こします。
そして酷い場合は血尿・嘔吐・下痢・貧血・黄疸などを引き起こし最悪の場合は…。。。
食べてから症状が表れるのは1日から数日かかるそうです!

この症状が出るのにももちろん個体差があります!
舐めただけでダメな子もいれば食べちゃっても平気?みたいに。
ただし実際に食べてしまった場合は獣医さんにきちんと伝えて下さい!
因みに玉ねぎなどを煮込んだ汁も注意が必要なようですよ!!


2015-05-02 21.03.56.jpg
玉ねぎが好きとしては一緒に食べれるといいんだけど…
それは危険だと再認識です。
因みに猫にもあげちゃダメですよ!!






posted by カワグツマンPODCAST at 21:43| Comment(0) | ホリスティックケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

ハーブでツヤツヤ!SIMカラートリートメント!!

こんにちは!デルファイス&OPPOのアケサワでございます!!

先日やっとこさ両手を挙げて申し込んだモニターの様子をご報告!
そのモニターというのは!!
ラブラブジャパンさんのハーブトリートメントのSIMカラー!!
わんライにも登場して頂いているアケサワのハーブやアロマの師匠のブログで見かけ…興味津々勢いのまま両手を挙げて「やるっ!やるっやるっ!!」と(笑)

ただ看板犬コピンはミニピンが故の短毛種。。。
申し込んでから「…この長さでも良いのだろうか?」と考えたものの。
この長さならではの何かがあるかも!と意気込んでおりましたら…
ありましたよ!!変化が!!!
カメラもイマイチなので良くわからなかいもしれませんが!!
ぜひこの微妙な違いを感じ取って下さい!
あーもう本当に直に触ってほしい。。。

今回モニターさせて頂いたSIMカラーは!
アーユルヴェーダの考えの下に無農薬ハーブを使用したトリートメント。
わんこたちをシャンプーする度に…
「ぎゃーシャンプー舐めないでー!お腹壊すー!美味しくないー!」と叫んでおりました。
そのシャンプーの回数も減るのはもちろん!
無農薬ハーブという自然界にあるものを使用してトリートメントなどができるのは本当に嬉しい!!


では使用の様子を少しだけ紹介!
2015-04-20 21.00.51.jpg
撹拌するボトルや使用の際の手袋などの小物も充実です!
コピンサイズ(3kgほど)ならば1パックでOK!!


さあ!パックを用意していよいよ…の前に使用前写真。
2015-04-18 20.52.50.jpg
被毛がぴっとり寝ていて流れも一定なのがお分かり頂ける???


さあさあ!説明書を見てパックを準備してぬりぬり!!
2015-04-18 20.50.43.jpg
ぬりぬりもみもみ………クリア使用だけどみどり!!(笑)
塗っていて一番に気づくのが香り。
科学的な強い香りではなく自然のい草の様な濃い抹茶な様な。
凄くホッとする香りが立ち込めました!!
この後はシャンプーをしてドライ!

使用してみての注意としては…洗面所でなくお風呂場で!
途中でブルブルされると洗面所に緑の水玉が。。。
シャンプー慣れしていない場合はお風呂場が絶対オススメです!!
洋服にも注意が必要なようですよ。


さて!仕上がりはというと…
2015-04-18 20.49.57.jpg
短いのにふわふわ!!つやつや!!!
写真をよーく見て頂くと被毛の立ちや流れがわかりませんか?
今回シャンプーはティートゥリーを使用したんですが…
3日経ってもシャンプーの香りが残りつやふわも持続してるような。

被毛は体内の状態や年齢や様々な理由で変化が表れます。
被毛自体のケアはもちろんハーブなどを使用することにより体内からもケアすることができダブルの効果が得られるそうです!!
しかも自然のものなので体にも安心安全!!
ぜひ興味のある方は1度お試し頂いても良いかもしれません!

ラブラブジャパン SIMカラー

今度は実家のお婆ちゃんプードルに試してみます!!
その時はまた報告しますね〜。





posted by カワグツマンPODCAST at 22:14| Comment(0) | ホリスティックケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする